文芸 作家 歌人

紫式部の名言

女はやわらかに心うつくしきなんよき。

世の中さまざまにつけてはかなくうつりかはるありさま。
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば
逆さまにゆかぬ年月よ、老いはえのがれぬわざなり
嫉妬とは、ほどよく焼くのがいいのだよ
これが最後の別れと思うと悲しい。行きたいのは、死出の道でなく生きる道だったのです
私が苦しい目に遭うのも、すべて男を好きになった自分の心がいけないからだ
あなたの死に後れるものでしょうか

-文芸, 作家, 歌人
-, , , ,