文芸 小説

恋愛道の名言

私は彼を100%信じていたし、100%好きでした。1%のかげりもなく。

-文芸, 小説
-,