文芸 詩人

金子光晴の名言

男と女で編む一目一目が生きるということで、そのほかはおおむねなしいことを、人は忘れがちだ。

-文芸, 詩人
-